よく分かる!子供の転校手続きのやり方について教えます!!

小学校の転校手続きを名古屋市で行う場合


今回は小学校の転校手続きを名古屋市で行う場合について書いていきたいと思います。

名古屋市で転校手続きを行う場合、一般的な手続きを行えば良いそうですね。

考えられるケースとして
「市外からの転入」「市内からの転出」「市内間の転校」 の3ケース考えられます。

最初に紹介するのは市外の学校から名古屋市の学校に転校する場合の手続きです。

まず現在住んでいる市町村に『転出証明書』を発行してもらい、
区役所の市民課で転入手続きを行う際に提出してください。

すると『転入学通知書』が交付されます。

この『転入学通知書』と在学中の学校から交付してもらえる『在学証明書』の2枚をもって、
転校先の学校を訪問し、説明等を受け手続きが完了となります。

次に市内の学校から市外の学校に転校する場合の手続きについて説明します。

まず、在学中の学校に『転校届』を提出し『確認書』を交付してもらいます。

それを市役所の市民課に提出すると『転出学通知書』を交付されるので、
在学中の学校に提出して『在学証明書』を発行してもらいましょう。

転校先の役所を訪問し『転入学通知書』を受け取り、
上記の『在学証明書』と『転入学通知書』の2通を転校先の学校に提出し手続き完了となります。

名古屋市内の転校に関しましては、
上記の方法と同じように『確認書』を移転先の区役所市民課に提出し
『転出学通知』と『転入学通知書』を受け取り、
片方の『転出学通知』を在学中の学校に提出し『在学証明書』を発行してもらいます。

次に転校先の学校に『転入学通知書』と『在学証明書』を提出して手続き完了となります。

さほど難しくはないと思うので頑張って下さい!



  目次


Copyright (C) 2016 よく分かる!子供の転校手続きのやり方について教えます!! All Rights Reserved.