よく分かる!子供の転校手続きのやり方について教えます!!

アメリカの小学校に転校手続きを行う場合


今回は日本からアメリカに転校する場合の手続き等を紹介いたします。

アメリカの場合学区ごとに必要な書類が違う様なので、
転入先の学校のサイトを調べたりして転入に必要な書類などを確認しておきまししょう。


1出産証明書
2その町の住民である証明
3予防接種記録
4最新の成績表
5リクエストされたもの


上記の書類が必要になりますが日本からの転校の場合、
パスポートや戸籍標本などのコピーがあれば
話がスムーズに進むので事前に準備しておく方が良いでしょう。

その町の住民である証明というのは、
アパートからの手紙や光熱費等の支払い請求書などで良いそうです。

これは2通用意しましょう。

予防接種記録は州によって細かく違うので、
その州で必要な予防接種を受けないと転校を認めてくれないようなので、
近くの小児科のある病院やヘルスセンターで必要な予防接種を受けてください。

また、アメリカでは受け入れ人数が制限されている様なので
順番待ちのリストに載ってしまうというケースもある様です。

アメリカへの転校手続きが完了すると学校で言語のアセスメントテストを受けます。

アセスメントテストは家庭内に他の言語を喋る人がいる場合必ず受けなくてはいけなく、
受けないと学校側も受け入れてはくれないようです。

しかし、アセスメントテストを行うことにより英語のレベルが分かり、
その生徒に合わせて英語の補習や学年などを変更してもらえます。

海外に転校する際は時間にゆとりを持って手続きを行うと良いですね。



  目次


Copyright (C) 2016 よく分かる!子供の転校手続きのやり方について教えます!! All Rights Reserved.