よく分かる!子供の転校手続きのやり方について教えます!!

引っ越しの手続き 小学校の転校手続き


転校

小学校の転校手続きと引っ越しの手続きを大まかに説明します。

まず小学校の転校手続きは在学中の学校から
「在学証明書」「教科書給与証明書(教科用図書給与証明書) の2枚の書類をもらい、
転校先に学校に提出し「転入学通知書」の交付を受けます。

そして上記「在学証明書」「教科書給与証明書(教科用図書給与証明書)」「転入学通知書」
3枚の書類を転校先の学校に提出し大まかな手続きが完了します。

次に引っ越の際に行う住民票の変更を説明します。

同一市町村内に転居した場合、『転居届』を市町村役場に提出します。

その時に必要書類として、
本人が確認できる書類(運転免許所・保険書等)と印鑑を持参してください。

また、届出期限は移転後14日以内ですので気をつけて下さい。

他の市町村に住民票を移動する場合は、
以前の市町村役場において転出届を提出し 『転出証明書』の交付を受けます。

その時に必要書類として本人が確認できる書類(運転免許所・保険書等)と印鑑、
国民健康保険証(加入している場合のみ)を持参してください。

届出は14日前より可能で、転居先の市町村役場に転入届を提出します。

その際に以前交付を受けた
『転出証明書』と本人確認書類が必要になりますので持参して下さい。

国民健康保険は印鑑証明書の登録がされている場合使用できなくなるので、
再度新転居にて手続きする必要があります。

以上が引っ越しの手続きになりますが、
インフラ(電気・ガス・水道)の手続きや免許書の更新も忘れずに行いましょう。



  目次


Copyright (C) よく分かる!子供の転校手続きのやり方について教えます!! All Rights Reserved.